/

この記事は会員限定です

水道の広域化事業、優先的に債券引き受け 財務省方針、効率化を後押し

[有料会員限定]

財務省は国が低利で調達した資金を、上下水道事業の広域化に取り組む自治体に多く配分する。施設を共同で設置したりする自治体の地方債を優先的に引き受ける。全国の水道インフラは人口減少や老朽化に伴って設備の更新や見直しが急務になっており、財政資金の活用で事業の効率化を後押しする。

地方債を引き受ける基準を見直し、4月から適用する。

活用するのは国債を発行して低利で貸し出す「財政融資」と呼ばれる制度だ。現在...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り403文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン