/

日本郵便、配送用EVを20年度中に1200台導入へ

日本郵便は郵便物や宅配便の配達に使う配送車に電気自動車(EV)を本格導入する。首都圏の郵便局にある計1200台を2020年度末までにガソリン車からEVへ順次切り替える。今後は全国の配送車を順次EVに切り替える方針だ。

三菱自動車の軽トラックタイプのEVを導入する。車両の航続距離はフル充電で約100キロ~150キロメートル。まず19年秋に200台を導入する。

日本郵便は13年度にEVを試験導入し、検証を続けてきた。

インターネット通販の拡大に伴う荷物数の増加で、環境負荷への対応は物流各社の共通課題になっている。ヤマトホールディングス(HD)は独物流大手のドイツポストDHLグループと宅配便の配送に使う小型EVを共同開発する計画だ。

宅配大手の導入が相次ぐことは、国内の商用EV市場の拡大を加速させる効果がありそうだ。

(宮嶋梓帆)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン