/

この記事は会員限定です

花開く福井の炭素繊維 官民の技術が融合

糸へん福井 飛躍への道(3)

[有料会員限定]

「航空機の機体部品や自動車などさらに幅広い分野にも用途を広げられる技術開発を目指します」。福井県工業技術センターで長年、炭素繊維複合材料の開発に携わってきた川邊和正・新産業創出研究部総括研究員はこう意気込みを示す。

福井県内ではこれまで川邊氏らのチームが開発した炭素繊維の束を空気を使って薄く均一に幅広く広げられる技術「開繊」を利用して、SHINDO(あわら市)やミツヤ(福井市)といった繊維会社が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1813文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン