参院選・消費税…年内動けない可能性

日銀ウオッチ
2019/3/28 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株価や金利が世界で再び下がり、金融市場では日銀の追加緩和に対する観測がささやかれ始めている。だが4月以降、金融政策を決める日取りと参院選や消費税率引き上げの政治日程を勘案すると、日銀は政策や景気認識を容易に変えることは難しい状況だ。多少の市場混乱や景気停滞には動じず、年内は現行の緩和策の維持にとどまる可能性がある。

「今回は展望リポートを更新しない金融政策決定会合なので、次回の会合で経済見通しを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]