2019年6月20日(木)

400年前の姿へ寄付50億円超 名古屋城本丸御殿(平成と中部)
市民と財界協力、財産に

中部
2019/3/26 13:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2018年6月、戦災で焼失した名古屋城本丸御殿が約400年前の姿によみがえった。行政だけでなく市民や地元経済界も機運を盛り上げ、3期9年の復元工事の末に完成した。集まった寄付は50億円超。その一体となった取り組みも、平成が残した財産といえる。

3月上旬の本丸御殿。訪れた人が意匠の数々に目を凝らしていた。将軍の京都訪問に合わせて建てられた「上洛殿」、御用絵師の狩野探幽による「雪中梅竹鳥図」……。横…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報