2019年4月26日(金)

韓国裁判所、不二越資産も差し押さえ 元挺身隊訴訟

朝鮮半島
2019/3/26 12:45
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=恩地洋介】韓国の元朝鮮女子勤労挺身(ていしん)隊員らが不二越に損害賠償を求めた訴訟で、韓国の裁判所が同社が保有する韓国内資産の仮差し押さえを決定していたことが26日、分かった。原告側の弁護団が明らかにした。元徴用工や元挺身隊の訴訟に絡む資産差し押さえは新日鉄住金三菱重工業に次ぐ3社目となる。

不二越を巡る訴訟は一審と二審で原告側が勝訴し、確定判決は出ていない。原告側によると、韓国南東部の蔚山(ウルサン)地裁が15日付で、不二越が韓国企業と合弁で設立した「大成・NACHI油圧工業」の株式7万6500株の仮差し押さえを決定した。7億6500万ウォン(約7400万円)相当の価値を見込んでいるという。

弁護団によると、裁判所は新日鉄住金に関しても14日と18日に追加の差し押さえを決定した。同社と韓国鉄鋼大手のポスコが設立した合弁会社の株式約11万3千株で、すでに差し押さえられた分と合わせて約19万4千株が対象となった。資産の売却手続きには入っていないという。

弁護団は新日鉄が韓国内に保有する資産の内訳を明らかにするため、ソウル中央地裁に同社の財産開示手続きを申請したとも明らかにした。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報