2019年7月21日(日)

経済政策としての文化政策(6) 政府の支援に異論も
阪本崇 京都橘大学教授

やさしい経済学
コラム(経済・政治)
2019/3/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

前回まで文化政策が経済化しつつあると説明してきましたが、芸術や文化を政府が支援することそれ自体には異論もあります。政府による支援は間接的に表現の自由を侵害するのではないかということです。

経済学者のケインズは自身が初代議長を務めた英国芸術評議会の発足時に「芸術化は精神の息吹のままに歩きます。……公共団体の仕事は、教えることでもなければ、検閲することでもなく、勇気と確信と機会を与えることです」と述…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。