/

再生エネ成長もCO2排出量最高 18年、IEA調べ

【ロンドン=篠崎健太】2018年のエネルギー消費に伴う世界の二酸化炭素(CO2)排出量が2年続けて過去最高になったことが、国際エネルギー機関(IEA)が26日発表した報告書で分かった。再生可能エネルギーは伸びたが、経済成長で化石燃料の需要が新興国を中心に増え、排出増を招いた。IEAは温暖化対策へ、再生エネの普及やエネ効率向上の加速を呼びかけている。

18年のCO2排出量は331億4300万トンと前年比1.7%増えた。13年以来5年ぶりの高い伸び率だった。増加分の約3分の2を発電分野が占め、とりわけCO2の排出量が多い石炭火力発電がアジアで伸びたことが押し上げた。

CO2排出量を国・地域別にみると、全体の3割弱を中国が占め、94億8100万トンと2.5%増えた。米国は大規模な寒波で石炭の暖房需要が膨らみ、3.1%増えた。一方、再生エネ移行が進む欧州では1.3%減った。日本は原子力発電所の再稼働も寄与して減少が続いた。

18年の世界のエネルギー需要は石油換算で143億100万トンと、前年比2.3%増えた。風力や太陽光といった再生エネは4%増え、世界の需要増の4分の1を賄った。石油は1.3%、石炭は0.7%それぞれ伸び、CO2排出増につながった。石炭からの移行が進む天然ガスは4.6%増と、10年以来の高い伸び率を記録した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン