/

この記事は会員限定です

不安定な米株、続く「逆イールド」論争

米州総局 宮本岳則

[有料会員限定]

25日の米国株式相場は不安定な値動きをみせた。ダウ工業株30種平均は午前の取引で一時、前週末比130ドル安まで下げ幅を広げたが、その後はプラス圏への浮上とマイナス圏転落を繰り返した。方向感に乏しい展開は投資家の迷いを映す。ウォール街では、米長期金利が3カ月物金利を下回る「長短逆転(逆イールド)」現象と先週22日の米株大幅安の「意味」について、引き続き議論が交わされていた。

「今のマーケットには正直...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1287文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン