欧州委、ナイキに15億円制裁金 独禁法違反で

2019/3/26 2:11
保存
共有
印刷
その他

【ブリュッセル=森本学】欧州連合(EU)の欧州委員会は25日、米スポーツ用品大手ナイキに対し、EU競争法(独占禁止法)に違反したとして、1250万ユーロ(約15億6000万円)の制裁金を科した。同社が扱う欧州の有名サッカークラブ関連グッズを巡って、欧州市場で国境を越えるオンライン販売を妨げていたと判断した。

米ナイキは有力サッカーチーム関連グッズのライセンスを保有=ロイター

米ナイキは有力サッカーチーム関連グッズのライセンスを保有=ロイター

欧州委によると、制裁金の対象となったのは2004~17年にかけての違法行為。国外での販売を制限する契約などを小売業者と結び、国境をまたいだオンライン販売の競争を阻害したとしている。ナイキはFCバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントス、インテル・ミラノ、ASローマなど人気クラブのユニホームやマフラー、マグカップなど関連商品のライセンスを扱っていたという。

欧州委は17年に正式調査に着手していた。EUは域内のデジタル単一市場の実現へ、国境をまたいだオンライン販売の競争促進が欠かせないとしており、今回の判断もその一環だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]