/

この記事は会員限定です

トランプ氏の罪認定せず ロシア疑惑、追及の場議会へ

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領をめぐるロシア疑惑で、バー米司法長官が24日に公表した捜査報告書の概要はトランプ氏の罪を認定しなかった。2016年大統領選へのロシア介入ではトランプ陣営の共謀を確認できず、トランプ氏の捜査妨害も「証拠不十分」との結論を下した。野党の民主党は真相解明にほど遠いとして報告書の全文公開を求め、議会を舞台に追及を続ける構えだ。

報告書は捜査を担ったモラー特別検察官が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り997文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン