米国発の金利逆転、世界を揺らす
銀行株を直撃

2019/3/26 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米金利が発したシグナルを受け、世界の金融市場でリスク回避の動きが急速に強まった。景気後退の前兆とされる金利水準の「長短逆転」現象は少なくともドイツなど5カ国にも広がり、株式相場は世界でそろって下落した。米連邦準備理事会(FRB)の緩和的な姿勢が、かえって投資家の視線を実体経済の弱さに回帰させるという皮肉な展開だ。

長期金利が短期金利を下回る「逆イールド」は不況の前触れとされる。長期金利は将来の不…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]