/

この記事は会員限定です

中国石油大手が投資加速 19年は5年ぶり高水準

エネルギー安全保障、米国と対立長期化に備え

[有料会員限定]

中国国有石油大手3社が国内外で原油や天然ガスの増産に向けた投資のアクセルを踏む。2019年12月期の3社合計の投資額は前期比で2割近く増え、5期ぶりに高水準とされる5千億元(約8兆2千億円)の大台に乗る見通しだ。原油価格上昇で業績も改善し、米中対立の長期化に備えて資源確保を急ぐ。日本勢も含めた世界の資源獲得競争が激しくなりそうだ。

「資金投入を強化し、原油の安定的な増産や天然ガスの素早い増産を実現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1490文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン