浜松市長選、区再編で主張分かれる

2019/3/26 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

24日に告示された浜松市と静岡市の市長選はともに現職に新人2人が挑む三つどもえの構図になった。人口減に歯止めがかからない中で、行政運営の効率化や地域活性化などが争点になる。4月7日の投開票に向け、舌戦の火蓋が切られた。

「3期12年の成果を4期目につなげる」。浜松市長選で4選を目指す現職の鈴木康友氏(61)は24日、浜松駅前で第一声を上げ、北区や浜北区、天竜区などを遊説した。

浜松商工会議所の大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]