土木管理総合試験所、道路の高速診断を本格展開

2019/3/25 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地質調査の土木管理総合試験所は、東大と共同開発した道路の状態を自動で診断するシステム「ロードス」の展開を本格化する。2018年度に約10自治体で実施した試行導入を踏まえ、19年度にはまず全国3自治体に導入。20年末までに10自治体での展開を目指す。インフラの老朽化が進む中、安さを売りに全国に売り込みをかける。

4月にはロードスの開発や人工知能(AI)の研究を担う「DKCラボ」を新設。本格導入を前…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]