2019年4月23日(火)

山形大、地域ぐるみで起業家育成 会社生み出す企業設立

スタートアップ
北海道・東北
2019/3/25 22:00
保存
共有
印刷
その他

山形大学は25日、学生5人がスタートアップ企業を作る会社、インキュベーションポートやまがた(iPY)を設立したと発表した。同大の学生が考案した運転代行アプリなど3つの企画について、地元の税理士など専門家の支援を得て事業化する。地域ぐるみの支援体制で継続的に学生が起業できるようにする。

スタートアップを生み出し会社を作った山形大学の学生(25日、山形県米沢市の山形大学工学部)

山形大の人材育成プログラムを受講した5人の学生・大学院生が22日付でiPYを設立。当面、3事業についてベンチャーキャピタルの創業者など同プログラムの講師陣らの出資を得て事業化を目指す。工学部のある山形県米沢市の税理士や弁護士で構成するサムライネットワークが日常的に経営の相談にあたる。

事業は運転代行アプリのほか米沢織や日本酒のブランディング事業。それぞれの企画を考案した学生がiPYの取締役や社員として事業化にあたる。専門家の支援を得てiPYが資金調達や事業運営にあたることで、起業のハードルを下げる。3年間で15件程度の事業を目指す。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報