魚介類の養殖、AIが指南 AIハヤブサ

2019/3/26 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)を使った検査システムの開発を手掛けるAIハヤブサ(北海道函館市)は魚介類の養殖をAIで支援するシステムを確立した。魚介類の体形や養殖場の水温などのデータをカメラやセンサーで集め、最適な生育環境を整える。給餌の最適な量やタイミングも判断し、高品質の魚介類を生産。作業員の経験や勘に頼っていた養殖をAIが担い、生産性向上につなげる。

同社は2018年9月に新たな養殖管理システムとして特…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]