/

この記事は会員限定です

中部電、規模生かせるか 東電と火力をJERAに統合

[有料会員限定]

中部電力が4月1日、東京電力ホールディングスと共同出資するJERAに火力発電事業を統合する。中部電の発電量の8割超を占める主力事業が抜ける穴は大きく、中部電とJERAは電力の「買い手」と「売り手」の関係に変わる。利益相反を避けつつ、いかに規模を生かして企業価値を最大化するか。手探りの挑戦が始まった。

東京・日本橋の一等地にある日本橋高島屋三井ビルディング。JERAは1月、本社を同ビルの25階に移した。オフィス空間に余裕があるのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1377文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン