/

この記事は会員限定です

解禁・ゲノム編集 出番待つマダイやトマト

(ルポ迫真)

[有料会員限定]

リゾート地で有名な和歌山県白浜町。同町にある近畿大学水産研究所を2月に訪ねると水槽にはフグやクエ、クロダイなど様々な魚が泳いでいた。さながら水族館のようだが、ひときわ丸々と太ったマダイが水面から姿を現した。

同研究所白浜実験場長の家戸敬太郎(51)は「これがゲノム編集で開発したマダイだ」と力を込める。太ったマダイは通常に比べて筋肉が隆々の「肉厚マダイ」だ。

□   □

研究は京都大や水産研究・教育機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1488文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン