2019年7月18日(木)

パラリンピックも聖火トーチ公表 濃い桜色に

2019/3/25 18:41
保存
共有
印刷
その他

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、パラリンピックの聖火リレーで使われるトーチをお披露目した。

パラリンピックの聖火トーチには点字が刻まれる(25日、東京都港区)

桜の花びらをかたどったデザインは五輪と同じで、パラリンピックは濃いピンク色の「桜ピンク」に。柄の部分には「勇気」「強い意志」などパラリンピックの価値を示す点字が刻まれる。デザイナーの吉岡徳仁さんは「目の不自由な人でも桜の造形が分かるようにデザインした」と話した。

パラ射撃で12年ロンドン大会など3大会に出場し、聖火リレーアンバサダーを務める田口亜希さんは「ある程度の重さはあるが持ちやすかった。早く太陽の光を浴びて走っている所を見たい」と笑顔で話した。パラリンピックの聖火リレーは3人一組で走り、20年8月13~25日まで行われる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。