/

JR観光企画 21年秋は四国で 紅葉や味覚PR

JR四国は25日、JRグループが共同で取り組む大型観光企画「デスティネーションキャンペーン(DC)」を2021年秋に四国で開催すると発表した。四国DCの開催は17年春以来で、その時の経済効果は107億5千万円だった。今回は秋の開催で、四国の美しい紅葉や秋の味覚をPRして集客する。

JRグループのDCは季節ごとに約3カ月間実施しており、四国では21年10~12月に開催する。JR四国から開催決定の通知書を受け取った四国ツーリズム創造機構の松田清宏代表理事は「今ある素材、これからつくる素材をしっかりと磨き上げる」と話した。宿泊者数は前年同期比10%増が目標だ。

JR四国は観光列車などを活用して全国からの誘客に取り組む。四国4県などと相談しながら、キャンペーンの具体的な内容をこれから検討していく。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン