中経連、栄にイノベ拠点 豊田会長「新産業育成を支援」

2019/3/25 18:47
保存
共有
印刷
その他

中部経済連合会は25日、名古屋市の中心街・栄地区に起業家と企業や大学を結びつけるイノベーション拠点を新設すると発表した。中経連と市が共同運営する。官民を挙げて起業家を支援する体制を整え、新産業の創出につなげる。

同日の記者会見で中経連の豊田鐵郎会長は「新しいアイデアを持つ若者と企業などが交流するハブ拠点にしていきたい」と抱負を語った。

新拠点は栄地区のナディアパーク4階、開業は7月8日を予定する。起業家と企業の交流会や社会人向け学び直しプログラムを定期的に開くなど、年280以上のイベントを計画する。起業を目指す人たちの相談に応じる専門員が常駐する。

個人は年6万円、法人は年36万円で会員になれる。10年以内に50件以上の新規プロジェクトを社会で実現することを目指す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]