/

この記事は会員限定です

「大正」へ改元 維新後初の混乱劇

改元その時(上)

[有料会員限定]

「午後十時四十分天皇陛下崩御あらせらる。(略)実に維新後始めて遭遇したる事とて種々に協議を要する事多かりしなり。崩御は三十日零時四十三分として発表する事に宮中に於(おい)て御決定ありたり」

1912(明治45)年7月29日、当時の西園寺公望内閣の内務大臣だった原敬はこの日の日記にこう記している。明治天皇の死去で、近代国家日本は初めて天皇の代替わりを迎えることになった。その諸儀式のため、死去の時刻を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1153文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン