/

障害者サービス1.3億円不正受給 福岡県など指定取り消し

介護給付費などの障害者サービス報酬を不正に受給したとして、福岡県などは25日、障害者総合支援法に基づき、同県大木町と久留米市にある2つの指定障害福祉サービス事業所の指定を取り消すと発表した。

県によると、利用実績がないにもかかわらず生活介護サービスなどを提供したと装い、2014年以降で計約1億3500万円を不正受給していた。運営する社会福祉法人白百合福祉会(大木町)の江崎君子理事長(69)は県の調べに対し、「施設の運用費用に使った」などと話し、不正行為を認めているという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません