/

名鉄、名古屋駅の4線化を正式発表

名古屋鉄道は25日、名古屋駅に2本ある線路を、2027年のリニア中央新幹線開業に合わせて4本に増やすと正式に発表した。ホームの数や改札の位置、駅の構造など詳細は今後詰める。安藤隆司社長はこの日の記者会見で「乗降時間が今より長くなり、余裕を持ってご利用いただけるようになる」と述べた。

同日発表した2019年度の設備投資計画(単体)は、18年度(実績見込み)に比べ8割多い総額393億円だった。新型通勤車両の新造や不動産開発などが対象。名駅地区再開発の調査などに使う20億円も盛り込んだ。

名鉄の公表資料「名鉄名古屋駅4線化計画」より

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン