ヤマト、独DHLとEV開発 女性宅配員らの負担減
【イブニングスクープ】

2019/3/25 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ヤマトホールディングス(HD)は独物流大手のドイツポストDHLグループと、宅配便の配送に使う小型の電気自動車(EV)を共同開発する。ヤマトは2019年秋をめどにまず首都圏で500台を導入する。女性でも荷物の出し入れが容易な荷台を開発し、宅配員の負荷軽減や人手不足の解消につなげる。

国内の宅配大手がEVを本格導入するのは初めて。物流は静音性や環境対応が求められている。セブン―イレブン・ジャパンが店…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]