/

この記事は会員限定です

未踏の市場で先手、研究開発 現地で深掘り

日東電工 強さの秘密 第3部(上)

[有料会員限定]

日東電工のトルコ子会社、Nitto Bento(ニットーベント、イスタンブール)で日本人社員4人と現地社員7人からなる研究開発(R&D)の専門部署が2018年春に発足した。取り組むのは同社が生産する紙おむつ部材に用いる伸縮性材料の代替品の開発だ。

続いた試行錯誤

日東電工は12年に工業用テープ大手のベント社を買収した後、トルコやアフリカ・中東で成長が見込める紙おむつ市場に目を付け、テープなど紙おむつ用部材の販売拡大に乗り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1166文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン