2019年7月18日(木)

インサイド/アウトサイド

フォローする

DeNA新人投手活躍の系譜 上茶谷「10勝」期待

(1/2ページ)
2019/3/26 6:30
保存
共有
印刷
その他

近年のDeNAはドラフト1位の新人投手が活躍している。2015年に37セーブを挙げて新人王になった山崎康晃から始まり、16年の今永昇太は8勝(9敗)、17年の浜口遥大と18年の東克樹は2桁勝利して投手陣を支えた。今年もその系譜に名を連ねそうな楽しみな新人が加わった。東洋大出身の右腕、上茶谷大河(22)だ。

上茶谷はオープン戦初登板となった7日の中日戦で4回を完璧に抑えた=共同

上茶谷はオープン戦初登板となった7日の中日戦で4回を完璧に抑えた=共同

1軍で迎えた沖縄・宜野湾キャンプでは充実した日々を過ごした。ブルペンでは先輩たちと並び、持ち前の制球力を披露。捕手が外角低めにミットを構えれば、そこへ球を集め、スリークオーター気味の投球フォームには安定感があった。

初めてのキャンプでは体力強化にも努め、約1.5メートルの高さに張られたネットの中に入って腰を落としてゴロを捕球するチーム伝統の下半身強化の練習もこなした。徐々に1軍の水に慣れ、プロとしてのいろはを学んだ1カ月。東洋大時代に1試合20奪三振の東都大学リーグ記録も打ち立てている実力に偽りなし。首脳陣も即戦力として期待を膨らませてきた。

■勝負球はカットボール

対外試合でも無失点を続け、オープン戦初登板だった7日の中日戦は4回無失点。昨季首位打者のビシエドや平田良介らが並ぶ打線に一人の走者も出さない完璧な内容は、すでに1軍レベルにいることを示した。

右腕を支える勝負球はカットボールだ。コースを間違えれば失点につながるもろ刃の剣となるが、右打者の外角、左打者の内角、外角へもきっちり制球してバットの芯を外す。アレックス・ラミレス監督も「セ・リーグはカットボールをうまく打てる打者が少ないから効果的。例えるのは難しいが、(自身が現役時代に対戦した)元中日の川上憲伸さんに似ている」と日米通算125勝した右腕の名前を挙げて褒めている。

アピールする立場だが、本人に過度なプレッシャーはなく、マウンドでの立ち居振る舞いはいつも落ち着いている。16日には改修後、初のお披露目となった本拠地、横浜スタジアムでファンの声援を受けた。

相手は昨季日本一のソフトバンク。現状の実力を試すにはいい機会だった。結果からいえば6回4失点。対外試合4試合目で初めての失点となった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

インサイド/アウトサイド 一覧

フォローする
7月7日の広島戦、7回に先制二塁打を放つ大山。50打点はリーグ5位タイだ=共同共同

 阪神はオールスターまでの前半戦を終え、39勝41敗4引き分けで借金2の2位タイ。この成績をふがいないとみるか、悪くないとみるかは判断が分かれるところだが、12球団トップの防御率3.40で踏ん張る投手 …続き (7/15)

日本ハムの入団記者会見で栗山監督(中央)と握手を交わしポーズをとる吉川(左)と宇佐見=共同共同

 プロ野球セ・パ交流戦明けの6月26日、日本ハムは巨人との2対2のトレードを発表した。藤岡貴裕、鍵谷陽平という中堅の2投手を放出。元左腕エースの吉川光夫を呼び戻したほか、大卒4年目の捕手・宇佐見真吾を …続き (7/2)

自らデータも読み取れるというDeNA・今永は抜群の安定感でチームをけん引する=共同共同

 4月に10連敗して出遅れたDeNA。他球団に引けを取らない戦力を考えれば予想外のシーズン序盤となったが、最大11あった負け越しを5まで減らし、最下位に沈んでいた一時の低迷から脱しつつある。チームが踏 …続き (6/18)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。