/

将棋の叡王戦 永瀬七段が挑戦(盤外雑記)

永瀬七段

将棋の第4期叡王戦の挑戦者決定三番勝負で、永瀬拓矢七段が菅井竜也七段を2勝1敗で破って挑戦権を獲得した。初防衛を目指す高見泰地叡王との七番勝負第1局は4月6日、台湾・台北市で指される。事前の振り駒で第1局は永瀬七段の先手、持ち時間各5時間に決まった。第2局も各5時間だが、第3・4局は各3時間、第5・6局は各1時間、第7局は各6時間で指される。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン