風力発電、中国勢が日本で攻勢 太陽光に続き存在感

2019/3/25 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国企業が日本の風力発電市場で攻勢を強めている。小型風車で世界3位の上海致遠は6月に日本専用の陸上風車を投入する。小型メーカーの青島安華新元風能(ANE)も年内に日本で100カ所に設置する方針だ。世界市場で大きなシェアを握る中国勢はコスト競争力で優位にある。日本勢の撤退が相次ぐなか、太陽光パネルに続いて再生可能エネルギーの中国頼みが強まりそうだ。

日本風力発電協会によると、国内風力の最大発電能力…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]