松蔭大が「不適合」 認証評価、大幅な定員割れ

2019/3/24 18:08
保存
共有
印刷
その他

日本高等教育評価機構は24日までに、大幅な定員割れで2016年度に認証評価を保留していた松蔭大(神奈川)への再評価の結果、改善がみられないとして「不適合」にしたと発表した。18年度の評価結果では、法令で定められている自己点検が行われていないとして大阪行岡医療大(大阪)を「保留」とした。

同機構によると、松蔭大は大学全体の収容定員に占める在籍学生の割合が5割未満の状況が変わらなかった。

大阪行岡医療大は「ハラスメント防止及び対策委員会」が規則上整備されているものの、開催実績がなく機能していないことも問題視された。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]