ボート衝突で3人負傷 東京の運河、専大職員乗船

2019/3/24 16:53 (2019/3/24 21:03更新)
保存
共有
印刷
その他

24日午前11時55分ごろ、東京都港区の京浜運河で、専修大職員5人が乗ったプレジャーボートが台船に衝突した。東京海上保安部によると、男性3人が負傷して救急搬送され、うち2人が骨折などで入院予定。東京海保が、ボートを操船していた千葉県船橋市の50代男性から事情を聴き、事故原因を詳しく調べている。

東京海保によると、衝突したのはレンタルボートの「シーガル23」(3.2トン)。江戸川区でボートを借りた後、目黒川を航行し花見をしたという。骨折したのは、千葉県柏市の50代男性と神奈川県大和市の60代男性。

品川・天王洲アイルにある「シーフォートスクエア」の北側岸壁に停泊していた台船にぶつかり、船首部が損傷した。浸水や油の流出はない。

現場付近は当時、北西の風3.6メートルで、視界は良かった。ぶつかった台船の乗船者が118番した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]