/

プロらしさとは? 権藤・野茂両氏が対談(前編)

 NOMOベースボールクラブを率い、独自の挑戦を続ける野茂英雄氏と、独特の視点の評論を展開する権藤博氏に、理想の監督像など、プロ野球や社会人野球への思いを語り合ってもらった。

権藤 プロ野球も開幕するけれど、実は開幕投手はやったことがないんだ。1年目に35勝して、2年目は開幕かなと思ったら、肩が引っかかる感じになって、春先全然だめだった。3年目、さすがに今度は開幕投手だろう、と思ったら監督が代わってね。いつも開幕第2戦だった。

野茂 若いころは、自分よりもチームのリーダー格の人が先発してくれればいいなと思っていたし、そこまでこだわってはいなかったです。

権藤 性格的に、野茂は開幕で勝とうと何しようと、トータルで結果が残せるかどうかが大事だと考えているんだね。開幕戦でもどこでも、いつも同じように投球できる強さがあるから、あれだけの成績を残せたんだ。

野茂 プロに入って2年目以降はどこ(何番目)のローテーションでも、とにかく休まずに投げたかった。それだけですね。

語り合う権藤氏(左)と野茂氏

「一番大事なのは開幕3戦目」

権藤 監督になって思ったのは一番大事なのは開幕3戦目ということ。監督ってのは一番悪いことしか考えないから、もし2連敗したら、と思うんだよね。3連敗は絶対できん。だったら3戦目に一番しっかりした先発を、と思うんだ。横浜(現DeNA)で優勝した1998年の開幕は3戦目に一番しぶとい野村弘樹を当てたんだ。そうしたら3つとも勝って、波に乗れた。

野茂 権藤さんが現役のときの監督は誰でした?

権藤 濃人(渉)さん。鬼みたいな人でね。

野茂 その監督も、もし3連敗したら、と考えて権藤さんを2戦目と考えたのではないですか。

権藤 いやあ、そうじゃないんだ。新人の年の開幕戦。後楽園球場の巨人戦で与那嶺(要)さんのソロで、九回に1点勝ち越した。そしたら「権藤、ブルペンに行け」って。第1戦から抑えですよ。

野茂 「権藤、権藤、雨、権藤」ですもんね。最初からそんな感じだったんですね。

権藤 何しろ、真夏でも真っ昼間に試合をするノンプロを経験してるからね。プロはお天道様の下でやるわけじゃなくて、電灯の下(ナイター)でやるんだから、毎日でも投げられると思っていたんだ。当時の九州地区はブリヂストンタイヤも強いけれど、日鉄二瀬とか炭鉱チームが強かった。八幡製鉄もあったし、ノンプロが盛り上がっていたよね。4連戦、5連戦、毎日投げても最後に負けて、都市対抗に出られない。でもあの厳しい戦いで鍛えられた。当時は社会人がプロへの登竜門になってたんだけれど、最近社会人のチーム自体が減ったし、レベル的にはどうなのかな。

野茂 金属バットから木製バットになったことで、魅力が半減してるのかな、とも思っているんです。投手は木のバットになったら楽です。アマチュアのレベルでは木で打っても飛ばないですから。金属だったころはガンガン本塁打が出ていましたもん。それでも点を取られないように投げなきゃいけなかった。また、企業チームは減りましたが、クラブチームが増えたこともあって、当たり前のように企業チームが勝ち上がるわけです。何か面白いアイデアがほしい。

権藤 うち(ブリヂストンタイヤ)は午後2時まで仕事をしていたけれど、日鉄二瀬なんかは仕事は午前中だけで、午後はずっと野球だもんね。社会人といってもセミプロだからね。だから野茂のクラブをみたとき、これが本当の社会人、アマチュア野球だと思ったよね。みんな働きながら野球をしている。野球も教えてはいるんだけれど、魂を訓練しているんだね。

野茂 ここ(NOMOベースボールクラブ)は年齢的に若い子が入ってきます。こちらが選んでとっているわけではないので、入る前には性格もわかりません。ですから、まずは教育っていったら、言い方が硬いですけれど、どんどん人間として成長させる方がメインです。僕も人間が成長するにつれて、野球のレベルも上がっていったので、それを期待したいんです。

「面白い野球をした方が勝つ」

権藤 面白い野球という点で、メジャーで感じたことは?

野茂 うーん、単純にゲームの面白さ、という点でみたら米国の方が面白いですね。

権藤 日本はバントとか、チマチマやって。バントなんて、アマチュアでもできる。プロでしかできないこと、三振もするけれど、とんでもないホームランを打つのがプロ。だから自分が監督になったときに思ったのは人がやらんことをやらにゃあ、プロじゃない、と。勝つか負けるかは知らんけれど、それでも最終的には面白い野球をした方が勝つ、と思ってやっていたからね。

野茂 メジャーはチームに1人はスター選手がいます。そいつにチャンスで回ってきたら、お客さんもすごく期待をする。(他の打者も)そこに合わせることしか考えていないので、バントなんかしてアウトカウントを増やす必要もないんです。今の自分は見る側の立場ですけれど、見る側になっても向こうの野球の方が面白い。

権藤 日本の野球でも野茂と清原(和博氏=西武など)の対決は「真っすぐしか投げん」なんて言って、すごく沸いたけれどね。そういえば、おれ、ダイエー時代に近鉄と対戦したとき、野茂に「8番バッターにフォークボールなんか放るもんじゃない」ってヤジを飛ばしたことがあったよね。8番打者にカウント2ボール1ストライクからフォークを投げるなんて大エースのすることじゃない、と。そしたら、野茂もニコっとしてさ。あれは今考えたら、違うんだよな。野茂は三振を取るのもフォークだけれど、ストライクを取るのもフォークだったんだよな。下位打者にムキになっていたわけじゃない。

野茂 言い方は悪いですけれど、(下位打者には)気を使わないっていうか。なんでもストライク投げときゃええかっていう……。これが清原さんや秋山幸二さん(西武など)となると、ちょっとでもミスったらだめですから。(ボールが)指にかかんなきゃだめだし、秋山さんのときもフォークを投げるときは絶対にストライクゾーンからボールになるようにしなきゃいけない。でも8番バッターだったら、そこそこでいいか、と。

権藤 野茂がメジャーに行くときに、みんな四球が多いから通用しないと言っていたけれど、おれは絶対通用するって言っていた。メジャーの打者は積極的に振ってくるから、四球は日本の半分以下に減る。通用するという根拠はそこだった。

野茂 覚えています。権藤さんと稲尾(和久)さんがいつも声かけてくれて。稲尾さんも(メジャーで)できると言ってくれてましたね。

権藤 それに四球を出すのは、場合によっては悪いことじゃない。2017年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のとき、各チームがすごいバッターをそろえてきた。いつもなら「四球でいいなら俺でも投げられるぞ」って投手にハッパをかけるんだけれど、あのときだけは「四球を出す勇気を持ちなさい」と言ったんだ。1個出したって走者一塁、連続四球でも一、二塁。4つ出してやっと1点だからね。そのうちボール球を振ってくるんだから、四球を出す勇気を持ちなさい、と。だから、本当は野茂もコントロールがよかったんじゃないかって思い始めたんだ。

野茂 いいえ、コントロール悪いです(笑い)。

権藤 四球を出してもいいって、計算してやっとるなって思っていた。

野茂 計算してやり出したのはもう(現役の)最後の方です。打者と自分の力量を比べて、こいつの方が断然上と思ったら、まともに勝負にいっても絶対無理です。ここは(ボール球を)振ってくれたらOKとか、四球が多いといわれてもいいや、という感じでやってました。

権藤 野茂は1試合の四球の記録(16個=1994年)を持っているよね。

野茂 西武戦ですね。その試合、完投勝ちしたんです。

「四球を出してもいい、と思っている投手はいくら出してもへばらない」と権藤氏

権藤 四球を出してもいい、と思っている投手はいくら出してもへばらない。逆に四球を出したらいかん、と思って投げている投手は四球を出すとへばっちゃう。そこは意識の問題で、たとえば投げ込みにしたって、昔の人は自分で投げ込みたいと思ってやっていたから平気なんだけれど、コーチに言われて200球も300球も投げさせられたら、きついよ。自分の意志じゃないんだから。野茂の場合、あれだけ四球を出しても、次のやつを抑えればいいと思っているから疲れなかったんだ。

「自由にやらせてもらえるのが一番」

野茂 そうですね。そこは社会人野球から学んだことでもあるんです。四球の走者であれ、失策の走者であれ、とにかく都市対抗ではかえしてはいけないわけです。とにかく次の打者を抑えるんだ、と思っていました。

権藤 点をやったら終わりだもんね。

野茂 気を抜いたら終わりです。四球を気にした揚げ句に、スコーンとホームランを打たれたら、これほど会社の人たちに申し訳ないことはありません。せっかくみんなで応援して、盛り上げてくれているんですから。

権藤 日米でやってみて、監督の理想像とは。

野茂 僕は、どちらかというと自由にさせてもらい、任せてもらった方が、よかったですね。細かいことを言ったり、結果で変わったりする監督はやりづらかった。

権藤 米国にもそんな監督がいた?

野茂 米国って「あがり」(登板のない日にベンチから外れること)がないですよね。ずっとベンチで見ていなきゃいけない。それはいいんですが、それをわざわざルールで決める人がいるんです。ときにはこの打者は映像的に後ろから、あるいは前から見たいとか、あるわけです。苦手な打者を他の投手がどうやって抑えているか、違う角度から見たいときもあるわけですよ。それを絶対だめっていう監督はいややな、と。ほんま窮屈でした。

権藤 おれが監督だったら、後ろで寝てようが何してようがいいんだけれどな。

野茂 ボストン(レッドソックス)に行って感じたことなんですけれど、あそこは本当に自由でした。選手が王様なんです。「あなたたちがいないと(野球が)成り立たへんし、ファンはあなたたちを見にきてくれてるんだから、何をしてもいいんだよ」という感じでした。

権藤 普通はそうでなきゃおかしいんだよ。だからおれが監督だったときもね、おれは何もせん、選手がやってナンボなんだからって言っていた。別に謙遜してるわけじゃなくて、本当にそうなんだから。

野茂 先発投手が責任を果たして降りたあと、七回くらいで「ああ、もう勝ちや」って感じで、パーっとビールを飲んでいる。アイシングしながら。

権藤 さすがにおれのときは試合の途中でビールを飲むやつはいなかったけれど、もう一回監督させてもらったら、ビールを置いておいて、あがったやつは飲んでいいぞ、その代わり運転だけはだめだぞって。

野茂 メジャーでも本当にいろいろな監督がいましたけれど、僕は自由にやらせてもらえるのが一番よかったです。

 ごんどう・ひろし 1938年佐賀県生まれ。61年にブリヂストンタイヤから中日に入団し、35勝で最多勝、新人王に。翌年も30勝を挙げた。98年横浜(現DeNA)の監督に就任、38年ぶりのリーグ優勝、日本一に導いた。2017年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で投手コーチを務める。今年、野球殿堂入りが決まった。
 のも・ひでお 1968年大阪府生まれ。8球団が競合するドラフトの末、90年、新日鉄堺から近鉄入団。豪快なトルネード投法でデビューから4年連続最多勝、奪三振王に。95年に米移籍、「ノモマニア」という言葉が生まれるほどの熱狂を巻き起こし、2度の無安打無得点をマークした。日米通算201勝。2014年野球殿堂入り。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン