/

この記事は会員限定です

[社説]健全な金融革新を促す規制・監督を

[有料会員限定]

金融とIT(情報技術)が融合し、従来の規制や監督の枠組みでは対応が難しいフィンテックが急速に台頭している。異業種の参入は閉塞感が強まる金融ビジネスを活性化し、利用者に恩恵をもたらす。金融庁は技術革新の芽をつむことなく、硬軟両様の構えで金融の新局面に臨んでほしい。

金融業務でいま新規参入が最も活発なのは送金・決済分野だ。政府は2021年中にも、これまで銀行が独占してきた100万円を超える高額送金を銀...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り703文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン