/

この記事は会員限定です

中小向け補助金、融資の担保に 中小企業庁が新制度

[有料会員限定]

中小企業庁は国の補助金を裏付けに企業が借り入れをできる仕組みを新たにつくる。国の補助金は交付が決まってから支払われるまで時間がかかるため、将来もらうお金を裏付けとする債権を企業が持つ形として、銀行借り入れの担保に使う。地方銀行などが資産の乏しい企業にも貸し出しやすくして、地域のスタートアップ企業を育てる。

中小企業の設備投資を支援する「ものづくり補助金」でこの仕組みを実施する。フィンテックを手掛け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り542文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン