/

この記事は会員限定です

韓国にジャパンタウン計画 大阪の日本食50店誘致目指す

反日感情で議論も

[有料会員限定]

【ソウル=山田健一】大阪の飲食店支援会社が韓国の不動産会社と組み、大阪に本店を置く日本食店をソウル郊外に集中的に誘致するプロジェクトを立ち上げた。7月にも数店を開業させて最終的に50以上の店が軒を連ねる大型飲食店街の形成をめざす。計画は地元メディアに「ジャパンタウン」と報じられ、韓国国民の注目を集める一方、日韓両国の外交関係の悪化による「反日」論議の的にもなっている。

「ジャパンタウン」は韓国の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り963文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません