米写真投稿サイトのピンタレスト、上場を申請

2019/3/23 6:46
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=白石武志】米写真投稿サイトのピンタレストは22日、米ニューヨーク証券取引所への上場を米証券当局に申請したと発表した。上場時の時価総額は120億ドル(約1兆3000億円)以上になると報じられており、米ライドシェア大手のウーバーテクノロジーズやリフトと並ぶ大型新規株式公開(IPO)となる。

ピンタレストの時価総額は1兆3000億円以上になると報じられている=ロイター

米サンフランシスコに本社を置くピンタレストは米グーグル出身のベン・シルバーマン最高経営責任者(CEO)らが2009年に設立した。ネット上にあるお気に入りの写真を自分専用のページに登録して楽しめるサービスで、広告を主な収入源としている。

同社は上場申請にあたって初めて決算資料を開示した。18年12月期通期の売上高は前の期比60%増の7億5500万ドルと高い成長を示しつつも、最終損益は6200万ドルの赤字だった。18年10~12月期の月間利用者数(MAU)は平均で2億6500万人。うち米国は8200万人だった。

ビデオ会議システムを手掛ける米ズームも同日、米ナスダック市場への上場を米証券当局に申請したと発表した。米通信機器大手シスコシステムズ出身のエリック・ヤンCEOが11年に設立した新興企業で、米カリフォルニア州サンノゼに本社を置く。19年1月期の売上高は前年同期の2.2倍の3億3000万ドル、最終損益は750万ドルの黒字だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]