2019年6月16日(日)

金利、世界で低下加速 景気先行きに不安感
ドイツで再びマイナス圏

経済
2019/3/22 21:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長期金利の低下が世界的に加速している。日本の長期金利は22日、約2年4カ月ぶりの水準にまで低下し、ドイツは再びマイナス圏に落ち込んだ。米連邦準備理事会(FRB)が2019年中の利上げを見送る方針を示し、金利の低下観測が強まったことが直接のきっかけだ。根底には世界的な景気悪化懸念があり、米国では景気後退のシグナルとされる「長短金利の逆転」が生じた。

22日の国内債券市場では長期金利の指標となる新発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報