/

この記事は会員限定です

中国5G投資、堅実スタート 中国移動など大手3社

政府の値下げ指導備え

[有料会員限定]

中国国有通信大手の2019年の投資計画(上場子会社3社分)がまとまった。次世代の高速通信規格「5G」に着手し、4Gなども含む投資額が4期ぶりに増加に転じて5兆円規模に膨らむ。習近平(シー・ジンピン)最高指導部による5G普及の要請に応えるが、同指導部からは国民受けを狙った通信料金の引き下げ要求も受ける。上場会社として収益維持も求められ、堅実なスタートを切ることになった。

「財布のひもをしっかりと引き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1438文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン