LIXILグループ、臨時株主総会の開催請求を受理

2019/3/22 23:00
保存
共有
印刷
その他

LIXILグループは22日、株主から潮田洋一郎会長兼最高経営責任者(CEO)と山梨広一最高執行責任者(COO)の取締役解任を求める臨時株主総会の開催の請求を受けたと発表した。LIXILは今後の方針について「内容を慎重に検討の上、決定次第開示する」としている。

英マラソン・アセット・マネジメントなど海外の機関投資家らの連合は、2018年秋に瀬戸欣哉社長がCEOを退任し、取締役会議長だった潮田氏が会長兼CEOに就くなどとした人事に対し、企業統治に問題があると主張。LIXILに対し臨時株主総会の開催を請求したと20日に発表していた。請求にはLIXILに統合した旧INAX創業家も名を連ねている。

人事を巡ってはLIXILが公表した外部の弁護士らによる検証結果では、瀬戸氏に辞任の意思がなかったのに、意思を持っているような誤解を指名委員会に与える言動を潮田氏が行い、人事案が決まったと指摘している。一方で、検証結果は人事を「有効」だと結論づけている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]