/

この記事は会員限定です

セブン&アイ、8期連続最高益 海外コンビニけん引

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングスは本業のもうけを示す連結営業利益が2019年2月期に4100億円強と前の期に比べて5%増加したようだ。8期連続での最高更新となる。北米を強化した効果などで、海外コンビニエンスストア事業がけん引した。国内コンビニ事業は人手不足が重荷になっているものの、既存店の伸びを支えに増益を確保したとみられる。

売上高にあたる営業収益は約6兆6千億円と9%増えたもよう。海外コンビニ事業の主力である北米で、18年1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り565文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン