豊田自動織機、高浜にグリーン水素充填所 再エネ由来

2019/3/22 20:11
保存
共有
印刷
その他

豊田自動織機は22日、フォークリフトを製造する高浜工場(愛知県高浜市)で、再生可能エネルギーで作った「グリーン水素」を供給する水素充填所を報道陣に公開した。工場内で荷物を運搬する燃料電池(FC)フォークリフトに充填する。製造段階から二酸化炭素(CO2)を排出しない水素インフラを普及し、環境対応につなげる。

豊田自動織機は高浜工場に太陽光からつくる水素充填所を開設した
(22日、愛知県高浜市)

工場に設けた出力約190キロワットの太陽光パネルで発電した電力で、水を電気分解し水素を作る。1時間当たり10N立方メートル(ノルマルリューベ=標準状態での気体の体積)の水素が製造できる。FCフォークリフト1台を約3分で充填でき、1日に最大14台充填できる。

天候の影響で太陽光パネルの出力が低下したときに備え、東邦ガスが都市ガスから製造した水素も貯留する。製造時にCO2削減価値を持つ再生エネ証書を購入する。

豊田自動織機は再生エネや水素エネルギーの利用、省エネ推進で2050年に工場からのCO2排出量をゼロにすることを目指す。今後も小型FCフォークリフトや、貨物けん引用の産業車両の開発を通じて環境への取り組みを進める。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]