2019年5月25日(土)

しなの鉄道の玉木社長6月で退任 後任は未定

北関東・信越
2019/3/22 22:00
保存
共有
印刷
その他

第三セクター、しなの鉄道(長野県上田市)の玉木淳社長(48)が6月の株主総会をもって退任する。22日開いた取締役会で意向を表明した。後任は長野県などが選定を進めている。

6月での退任を表明したしなの鉄道の玉木淳社長

玉木氏は東京海上日動火災保険から出向の形で2016年6月に社長に就任。沿線自治体や企業との関係を強化し「地域の鉄道」としてイメージを高めた。沿線の少子高齢化で定期券収入が減少するのに対し、観光列車「ろくもん」の活用などで観光客を誘致。JRから引き継いだ車両の老朽化に対応して新型車両の導入にも道筋をつけた。

非鉄道部門の強化にも力を入れ、17年に軽井沢駅構内に商業・誘客施設を開業した。しなの鉄道は同日、第2弾として同駅東側遊休地約2ヘクタールの開発構想を三菱地所と策定する方針を明らかにした。県や軽井沢町と協議しながら20年度中に構想をまとめ、同社が土地を貸して民間事業者に施設の建設・運営を委ねる。

玉木社長は東京海上日動に戻り、上海に駐在する予定。同社長は記者会見で「次の20年に向けて大きく前進した3年間だと思う」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報