2019年6月20日(木)

特急あずさの新ダイヤ、地元企業など対応に苦慮

北関東・信越
2019/3/22 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長野県の企業や自治体がJR東日本が16日から運用を始めた新ダイヤへの対応に追われている。県内では特急あずさの停車駅が減り、通過駅となった地域では観光への打撃を懸念する。割安な特急回数券も廃止され、企業の出張経費増も見込まれる。沿線自治体はJRにダイヤ改定の協議を求める方針だが、地域振興に向けた新たな対策も必要となりそうだ。

「回数券の廃止は痛い」。諏訪地域の製造業者は悩みを語る。この企業はダイヤ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報