2019年7月19日(金)

JR九州、東京・虎の門の再開発に参画

2019/3/22 19:03
保存
共有
印刷
その他

JR九州は22日、東京都港区の虎ノ門地区で進む再開発事業の一部に参画すると発表した。同事業に大型投資する第一生命保険のほか、大成建設など計5社と組んで地上38階、地下2階の複合ビルを建設。地権者が取得する分以外の床を共同で保有する。新たな収益源と位置づけるホテルや不動産事業で、九州以外の事業基盤の拡大につなげる。

第一生命と大成建設のほか、新日鉄興和不動産、関電不動産開発、東京ガス都市開発の計5社と連携する。都市再生機構(UR)が公募していた事業者に選定された。建物の建設は大成建設が担い、JR九州は九州地区で培った総合的なまちづくりのノウハウを提供する。

新たなビルは地上180メートル、延べ床面積は18万1000平方メートルとなる見通し。防災や環境適合などの機能を高めた最新のオフィスを備える。2020年9月に着工、23年11月に竣工する計画。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。