/

「着るだけで筋肉」根拠なし 消費者庁、9社に防止命令

消費者庁は22日、着るだけで圧力によって体が「痩せる」「筋肉が付く」とうたう男性向けの「加圧シャツ」の広告は科学的根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、販売会社「イッティ」(東京・渋谷)など9社に再発防止命令を出した。

「加圧シャツ」の広告=消費者庁提供

消費者庁表示対策課によると、命令を受けた対象商品は計15点。いずれもポリウレタン製で伸縮性があり、平均3千~4千円で売られていた。9社は自社のウェブサイトや通販サイト「楽天市場」で、「着るだけで1時間で腹筋200回分の効果」「1週間でマイナス5キロ」などと表示した。

2017年以降に60万枚以上販売し、約20億円を売り上げた会社もあった。消費者庁は合理的な根拠を示す資料を求めたが、提出した社はなかった。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン