/

この記事は会員限定です

全リースの資産計上、2~3年後めどに適用 ASBJ

[有料会員限定]

日本の会計基準を作る企業会計基準委員会(ASBJ)は22日、すべてのリース取引を貸借対照表(バランスシート)で資産計上する会計基準を作成する方針で合意した。草案作りなどを経て2~3年後に適用が始まる見通し。すでに国際会計基準(IFRS)では導入済みの倉庫や航空機など賃貸借の資産も新たに計上され、日本基準の国際化が加速する。

22日の会合で「すべてのリースについての資産・負債を認識する基準の開発に着...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り534文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン