/

この記事は会員限定です

有明海を守れ! 水族館館長は21歳(探検!九州・沖縄)

やながわ有明海水族館館長・小宮春平氏(肖像)

[有料会員限定]

九州4県にまたがり、国内でここでしか確認できない20種以上の生物が住む有明海。そんな海の魚や貝などを採集・展示する、やながわ有明海水族館(福岡県柳川市)の館長を、21歳にして務めるのが小宮春平。生物に関する啓発活動を行いつつ、絶滅にひんした魚の調査で国内外を飛び回る。若い世代のリーダーとして、九州と世界の水域を守るため奮闘している。

「九州のさかなクン」

「この水族館では80種類くらいの魚を見るこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1428文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン