/

この記事は会員限定です

沖縄県、国を提訴 辺野古埋め立て撤回要求

知事、対話路線を転換

[有料会員限定]

米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、沖縄県は22日、国を相手取り埋め立て承認撤回の効力回復を求める訴訟を福岡高裁那覇支部に提起した。総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」が沖縄県の審査申し出を却下したことを踏まえた対応で、国と県との攻防は法廷闘争に移る。

辺野古移設をめぐり、玉城デニー知事が提訴するのは2018年10月の知事就任後、初めて。2月の県民投票で移設「反対」が7...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1142文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン