/

この記事は会員限定です

首都圏の中学受験 多様化進み、勢い戻す

[有料会員限定]

2008年のリーマン・ショック以降、受験者数が低迷していた首都圏(1都3県)の中学入試が勢いを取り戻してきた。中学受験に詳しい森上教育研究所の森上展安所長に最新の傾向を寄稿してもらった。

低迷が続いていた首都圏の中学受験は、直近の4年で緩やかに受験者数が回復し、今年の受験率(公立小学校の6年生在籍者数に対する2月1日の実受験者数の割合)はリーマン・ショック直前の14%台には届かないものの、13....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン